【必見】物件を絞る4つの方法 ~引越し備忘録〜

暮らしのこと
youtube

引っ越し備忘録の第2回目の記事です。
前回は引っ越しの初期費用の出し方をご紹介しました。
https://nani-jan.com/2017/08/28/hikkoshi_price/

第2回は”物件の絞り方”についてです。
だいたいの予算は決まったけど、どのあたりにある、どんな物件にしようか。。
決めるのに迷っているうちに奥さんや彼女にハッキリして!なんて言われちゃう人でも簡単に物件を絞ることができる4つの方法を伝授します。

スポンサーリンク

1.玄関から目的地の入口に到着までの時間

引っ越しを決めた時にまず出てくる問題。
今よりも遠くなったら嫌だ!という人は参考にしてください。

まずは、現在の自宅玄関から、目的地入口までの時間を計ります。

A:玄関から目的地入口までの時間/60分

次に、最寄駅から目的地の入口までの時間を計ります。

B:最寄駅から目的地入口までの時間/10分

AからBを引くことで、新居から駅まで+乗車時間の50分間で探すことができます。

例えば、候補であるA街の駅から目的地の駅まで30分かかるところなら、上記の50分から引くとA街の駅まで自宅から20分となります。

A街の駅まで20分圏内

この条件を不動産屋さんに伝えればいいですね!
自ずと場所が限られてきます!

スポンサーリンク

2.窓の方角が南向き

学生さんは親御さんに、このことをよく言われていませんか?
窓の方角が南向きでベランダがあると、日中の日当たりが良く、洗濯物がよく乾きます!
また、照明が昼間にいらなくなるので、電気代も節約できますね。

3.築年数

昨今では気にしている方も多いと思いますが、やはり古すぎると地震の影響があります。内装がきれいだから大丈夫!というのは罠でリフォームで内装だけ綺麗にしている場合があるのでご用心!

また、駅の近くは建て替えがしにくいため築年数が経っている物件が多い傾向にあるそうです。

1981年(昭和56年)6月1日に新耐震基準が設けられたため、ひとつの基準として現2017年で考えると、築年数35年以上の物件は避ける目安としてもよさそうですね。

ちなみに僕が住んでいるところは築25年越えでしたが、窓が閉まりにくかったり、トイレの壁やドアが黄ばんでいたりとやはり劣化は防ぐことができないようですね。。

4.風水

これは気にする人だけ参考にしてください。

1点だけ個人的に気にする部分をお伝えします。

北東向きの玄関は避ける

これは北東は古来より鬼門と言われる方角であり、あらゆる気が溜まりやすいといわれています。
単純に悪いだけではなく、綺麗にしているといい気が舞い込むともいわれているので、清潔にすることが大切だそうです。
掃除嫌いの人は気をつけないと悪い気の影響で重病にかかるなどとも一説では、言われています。
何百年も語り継がれていることなので、何かしらあるのかなーとも思います。

変な気を遣いたくないという人は避けた方がいいですね!

まとめ

1.玄関から目的地入口に到着するまでの時間の計算
2.南向きの窓を選ぶ
3.築年数が35年以上(2017年現在)は避ける
4.北東向きの玄関は避ける

いかがでしたか?

本当に初めての引っ越しは右も左もわからなかったので、ひとつの基準になればいいなと思います。
あくまで人から聞いたものや主観なので参考程度にしてください笑

また、引っ越し予定を立てている方、自分で引っ越し作業しない方は、引っ越し業者に依頼することもお忘れなく!



ちなみに新居が無事に決まりましたが、北東玄関です。
掃除をしっかりし、良い気がまわる物を置いたりしようかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました