【ミニマリスト】モノを減らすときに考える3つのポイント

ミニマリスト

どうも。shin(@nani-jan_shin)です。

ミニマリストという言葉に会ってから約1年が経とうとしています。

今まで数々のモノを手放してきましたが、意図していなくてもモノは増えていくので定期メンテナンスが必要です。

shin
shin

よし。もう少しモノを減らして身軽になろうじゃないか!

と思い立ってみたものの減らし始めたらなかなか進まない・・・なんてことがあります。

「どこから手をつければ良いのか・・・」
「もう少し減らしたいけど、見つからない・・・」

こんなことを考え出して無限ループにはまらないように、僕が実践しているモノを減らしたい時に目をつけるポイントを3つ紹介します。

収納スペースの奥にあるモノ

まずは、収納スペースの奥にあるモノです。

頻繁に使っているモノは自然と手前にあることが多いので、奥の方に潜んでいるものは大半が使っていない場合が多いです。

本体は手放しているのに残ったままの空き箱、何かわからない部品、電化製品の説明書などなど・・・

LOOK!

・収納スペースのモノをすべて出してしまう
・奥にあったものを仕分ける
(手放す・データ化・保管など)
・賃貸の場合、備品を間違えて捨てないように注意

減らしていくうちにモノの巣でもある収納自体を減らせられれば御の字ですね◎

稼働時間が少ないモノ

1年を通してどれくらい使っているか、その稼働時間を考えます。

我が家で稼働時間が少なかったものは、トースター

トースターの出番として代表的な食パンは、魚焼きグリル部分で焼いていたので、トースターの使用回数は年に数回程度、大きなピザやグラタンを作るときくらい。

特に使用せずに場所をとるだけだったので手放すことにしました。

LOOK!

・1年を通して数回しか使っていないものはないか?
・その数回は本当に必要なことか?

ただし、稼働時間が少なくても季節やシーンに応じて毎回買わなければいけなくなるモノは残します。
(結婚式用品やスーツケースなど)

僕はいちいち借りるのが面倒なので使いませんが、レンタルサービスも最近は充実していますね!

使用する季節が限られるモノ

対象の季節にしか使わないモノがあるか探してみます。

僕の場合、半袖Tシャツを夏しか着ていないことに疑問を感じ、どうにか減らせないか考えました。

そこで、試しに今年の夏に長袖シャツの腕を折って過ごしてみると問題なく過ごせたので、半袖Tシャツの大半を手放すことにしました。

(逆に長袖シャツを手放して、半袖シャツ+カーディガンという選択肢もありだと思います◎)

LOOK!

・その季節にしか使っていないものは?
・他の季節のものを流用できないか考えてみる
・手放す前に1シーズン試してみて、上手くいったら手放すと安全

まとめ

今からモノを減らしていく方も、ある程度減らしたけどもう少し減らしたい方もこんな基準で考えてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いている最中も「そういえば、あれっているのかな?」と思うモノがいくつか。

家族がいる方は共有のものを手放す時に許可を得るのをお忘れなく!

タイトルとURLをコピーしました