家族暮らしミニマリストが考える。心地よく暮らすためのモノに関するマイルール【三ケ条】

ミニマリスト
スポンサーリンク

どうも。shin(@nani-jan_shin)です。

ミニマリズムを実践するとなっても、生活すべてを最小限にすることは僕の場合できません。

人間誰しも1人で生きているのではないので、ミニマリズム・・・ミニマリズム・・・と減らしに減らしていると他人に迷惑がかかる場合もあります。

とはいえ、他人との無駄な事象は避けたいのでバランスが非常に難しく感じます。
悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

shin
shin

まずは、自分なりのルールをまずは家庭で設定してみよう!

ということで、今回は家族で暮らすミニマリストとして決めているモノに関してのマイルールについて3つ紹介します。

スポンサーリンク

自分のモノはより少なく

ミニマリズムを何も気にせず取り入れられること。

それは自分のモノです。

むしろ家庭でミニマリズムを取り入れて良い範囲はここだけなんじゃないかなと僕は思っています。

思う存分減らした後は、とっておきのお気に入りたちをアップデートしていきます。

スポンサーリンク

共有のモノは心地よく

共有のモノを減らしすぎたり、勝手に変えてしまうと色々とトラブルが起きます。

caution

・家族のルーティンが崩れる
・モノの場所がわからなくなる
・本当は捨ててなくても捨てたと疑われる

上記は、僕が実際に犯した過ちです。反省。

特に一番上の家族のルーティンが崩れることに関しては、気を付けなければいけません。

例えば、朝の準備でこの導線で動きたいと思っていたものの位置が変わっていたり、無くなっていたりするとかなりストレスですよね。
無駄な思考を減らすために、毎日の行動をルーティン化している人の多いミニマリストさんなら納得できるかと。

自分にとっての改善=家族にとっての改善ではありません。むしろ改悪にもなる場合も多いです。

なので、共有のモノは減らしすぎず、程良い量で心地よい状態を保つことが重要だと感じています。

どうしても、減らしたり、変えたりしたいものがあるなら明確な理由と目的を添えて相談が必須ですね。

ちなみに相談後、変更・減少を承認してもらえたこと、喜ばれたことはこちら。

success

・色の視覚的ノイズを減らすために、刺激の少ない色に変える
・収納ラックを1つにまとめて、空になった方を手放す
・利用頻度の少ない出しっぱなしのモノを引き出しにしまう

ただし、あくまで我が家の場合なので、ご参考までに。

家族のモノは口出さず

これ、一番重要視しています。

ミニマリズムを学び始めた当初、ついつい目についたモノに小言を言いたくなってました。

過去の経験から言うべきではないワードがこちら。

caution

・買いすぎじゃない?
・荷物また届いていたけど・・・
・それ持ってなかった?
・また買ったの?

聞かれた時に答える分には良いと思いますが、聞かれてもないのに言うのはNGですね。

家族で貯めているお金ではなく、お小遣いまたは個人的に稼いだお金で買ったものに関しては何も言わないようにしています。

(と言いましたが、たまに言って怒られることがあります。日々猛省。)

まとめ

以上、僕なりの家族暮らしミニマリストのモノに関するマイルールでした。

家庭のミニマリズムは自分のモノだけ。

この記事でお伝えしたいことはこの一言に尽きるかもしれません。

家族にミニマリズムを理解し始めてもらえると、一緒に考えていく範囲が広がるので、それが家族暮らしでミニマリズムを実践する楽しみのひとつですね。

タイトルとURLをコピーしました