【おうちカフェ】ドリップコーヒーを自宅で始めるために揃えたモノを紹介【初心者】

モノのこと

どうも。shin(@nani-jan_shin)です。

時間とコトを整理してできた、余白のある時間。

その時間を今までやろうと思っていたことに使うことができています。

そのひとつがドリップコーヒーです。

今回は、初めてドリップコーヒーをおうちで楽しむにあたり、揃えたモノを紹介します。

スポンサーリンク

参考にしたモノ

ドリップコーヒーを始めるにあたり、まずは情報収集から始めました。

YouTubeにもコーヒーに関する動画がたくさん上がっているかと思いますが、何かを学ぶときは本派です。

そこで参考にしたのは、「コーヒーを楽しむ教科書」という一冊。

イラストも多くて、初心者にも優しい一冊な反面、コーヒーに関する歴史などが結構深く書かれています。

本については、後日まとめてご紹介します。

スポンサーリンク

豆を挽くためのモノ

まずは自分で豆を挽いて、楽しんでみたいと思い購入したのがこちらのコーヒーミル。

LOOK!!

・ゴリゴリ削るのが楽しい
・場所を取らないサイズ感
・初めてには買いやすい価格帯
・コンパクトで持ち運べる
・豆の粗さの調節が難しい

コンパクトなサイズ感なので、食器棚にコップと並べて置いています。

また、価格帯も買いやすいので初めて使うには十分なスペックでした。

こちらは、最近流行っているキャンプなどでも使い勝手が良さそうです。
一度経験がありますが、山頂で飲むコーヒーって格別ですよね。

唯一気になっている点としては豆の粒度の調整が難しいところ。
メモリがないので、感覚でやらなければいけません。

手挽きコーヒーは面倒に感じるかなと思いましたが、意外と楽しめています。

僕は食後や休日の朝のような時間のある時にコーヒーを楽しんでいますが、毎朝飲みたい人は電動の方が早くていいかもしれませんね。

ちなみに電動ミルはこちらのアイテムが気になっています。
もう少し、手挽きを楽しんだ後に検討してみます。

コーヒーを抽出するためのモノ

初めてなので、間違いがないようにKINTOのドリッパーセットを購入しました。

LOOK!!

・セットだとフィルターとの互換性も安心
・2人だと十分なサイズ感
・インテリアに馴染むシンプルデザイン

どのドリッパーにどのフィルターをつけてもいいというわけではないらしいので、安心のセット品を選択。

選んだブランドはKINTO(キントー)
商品はもちろん、ロゴやサイトデザインもミニマルでとても好みです。

About
KINTO公式ブランドサイト。使い心地と佇まいの調和を大切にした、日々に寄り添う生活道具をつくり続けるブランドです。Official website of Japanese brand KINTO.

我が家は2人暮らしなので、2cupタイプにしました。
アーモンドミルクでカフェオレにする予定だったので、2cupでも十分な量を作れています。

豆やお湯を測るためのモノ

こちらは家にあるスケールを使うことにしました。

豆の量やお湯の量で味が変わるので正確に測る必要があるようです。

一応、一般的なスケールでも測ることができますが、「蒸らし時間」と「抽出時間」をタイマーで計測することができるコーヒーのためのスケールもあるみたいです。

よりコーヒーを極めたいと思ったときまで覚えておきます。

お湯を入れるためのモノ

こちらも家で使っているティファールのポットからダイレクトにお湯を注いでいます。

美味しいコーヒーを作るためには先が細いポットが必要らしいです。

このポットは5年以上使っていて、中も外もかなり廃れてきているのでこの機会に買い替えもありかなと思ったり。

美しいデザインで先が細いポットと言えば、バルミューダが真っ先に頭をよぎりますね。

昔、母にプレゼントしたのですが、沸き上がりの時間も早く、さらに注ぎやすいらしく気に入ってくれています。

初めて選んだコーヒー豆

初めてのコーヒー豆なので、少量で試してみたいと思い、お試しセットを購入。

自分がどのようなコーヒーが好みなのか探るという意味でも、少量のセットはありがたいです。

早速、こちらの豆を挽いてドリップしてみましたが、素人でもなかなか美味しいコーヒーをいただけました。

僕は、酸味のあるものが苦手で、重量感のあるコーヒーが好きなようです。

ちなみにコーヒーの入れ方についても「コーヒーを楽しむ教科書」に書かれています。

まとめ

まずは最低限のモノを揃えて、無事におうちコーヒーデビューを達成。

この記事をアップするまでの間にほぼ毎日家でコーヒーを挽いて飲んできました。

LOOK!!

・家族との会話時間が増える
・毎日の小さな楽しみ
・おうち時間の充実

コーヒーは味や香りを楽しむだけでなく、コミュニケーションの一つとしてもとても良いツールだと実感。

なかなか外に出れない時期が続きますが、自粛のプロを目指すべく、コーヒーを愉しみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました