小さくてもフル充電可!Anker「PowerCore Fusion 5000」をレビュー

モノ
スポンサーリンク

どうも。shin(@nani-jan_shin)です。

旅行に定期的に行くのですが、スマホの電池が道中でなくなり、コンビニで何度もバッテリーを買った苦い経験があります・・・

そこで、遂にモバイルバッテリーの購入を決意しました。

今回購入したのはAnker「PowerCore Fusion 5000」です。

早速シェアしていきます。

Anker「PowerCore Fusion 5000」開封

ガジェット系の開封はワクワクしますよね。

蓋を開けるとアメリカを代表するブランドと一言。
業界をリードする急速充電、そして2000万人以上の人を幸せにしていると言われると期待値もあがります。

本体とアクセサリーがシンプルに分けられています。ここからもどこかしらミニマリズムを感じますね。

中身はこんな感じです。

・本体
・充電用ケーブル
・トラベルポーチ
・説明書×2

それでは、レビューに移りたいと思います。

Anker「PowerCore Fusion 5000」レビュー

Anker「PowerCore Fusion 5000」
価格 2,999円(税込)

購入時は想像以上の安さに驚きました。。
有名メーカーのモバイルバッテリーでこの価格はありがたいです。

カラーはブラック、ホワイト、レッドの3色ある中で、ブラックを選択。
毎日持ち歩くものなので、汚れが目立ちにくいものにしました。

手のひらサイズのコンパクトさ!
このサイズ感でスマホを1回以上充電できます。

デザインもミニマルで良いですね。
プラグを折りたためるので、カバンの中を圧迫しません。

持ち歩くときは付属のトラベルポーチに充電器本体に加えて、Apple準正充電ケーブルとBluetoothイヤホンの充電ケーブルを入れています。

USB-Aの端子が2つついているので、僕はスマホとBluetoothイヤホンを充電しています。

もう一つはバッテリー自体をUSB充電するためのMicro USBですがコンセントで充電するので使っていません。

ランプが3つ点灯すると充電完了の合図です。

充電時は負荷をかけないためにコンセントで充電しながら、USB-A端子で充電しないようにご注意ください。

まとめ

使用から数か月経ち、所感をまとめると、

・ミニマルデザインでかさばらない
・旅先で困らない充電容量
・端子が2つあるので、同時充電可能
・急速充電ですぐに復活

なんといってもコンパクトさが良いです。

持ち物を振り返ると僕は四角くて小さいのが好きなようです笑

ちなみに重さ950gの超軽量タイプの充電器もAnkerから出ています。

旅先、出先で困らないように、モバイルバッテリーは必須ですね!