ミニマリストの持ち物

スポンサーリンク

20代メンズミニマリストの持ち物を紹介するとともに、アップデート要不要の判断のために写真付きでリスト化しております。
可能な限り持ち物(基本的に自分の所有物のみ)を掲載する予定なので気長にお待ちください。

スポンサーリンク

ファッション(65品)

Last update:2019/12/20

身に着けるモノを紹介します。
服は着ることに価値があると思っているので、クローゼットでの待機時間を極力減らしたいと考えています。

LOOK!

・生活・趣味上必要
・ワクワクするもの
・1品で2つ以上の役割を担ってくれる

手放したモノの傾向(カラーアイテム/オーバーサイズ/キャラクターもの/ロゴTシャツ/旅行土産/セーター)

2019/02/21:127品 → 2019/06/19:99品 → 2019/12/20:65品

トップス(5品)

長袖シャツのみで過ごそうと考えていましたが、飛行機での動きにくさ、畳ジワの目立ち、荷物のかさばりと旅でのデメリットを多く感じました。
規準を旅行でストレスを感じない服として、速乾性・防臭・シワになりにくい・デザインが良いTシャツを探したいと思います。
冬場は重ね着をすることで体温調整予定です。

01.COLINA – Super120s Washable Wool Tee (Gray)
とろみのあるウール100%のTシャツです。
お値段はやや高いですが、Tシャツの保温性に驚きました。重ね着をすることで冬場も対応できるTシャツです。
機能性の高いものはデザインがアウトドアよりのものがありますが、こちらは首の空き具合も好みでした。
速乾性も高いので、旅行にも最適ですね。

02.H&M – ローネックTシャツ ブラック
生地は薄いですが、シルエットが過去に着用した中で一番好み。
気分が高まるアイテムを着ることを大切にしたいですね。

03.H&M – ローネックTシャツ ホワイト
上記の色違いを購入。

04.nano・universe – 50/3 シルエット天竺BD TシャツSS
バンドTシャツを手放すために、どのバンドのライブでも着ていけるTシャツは何かないか考えたところボーダーTシャツにたどり着きました。
汗や毛玉だらけになるかと思うので、基本的に専用にしますが近場の買い物や食事であればオフでも着ます。

05.JOURNAL STANDARD relume – ウォッシャブル ミラノリブカーディガン
Tシャツを冬に着るにあたり、カーディガンを導入しました。
一番の決め手は着丈の長さが革ジャンに合うことです。
また、こちらはウォッシャブル仕様なので自宅で洗濯できる点もありがたいです。

アウター(4品)

待機時間が多くて場所をとるアイテムなので極力少なくしたいが、気分を高めてくれるアイテムが多いのも事実。

01.UNIQLO – ウルトラライトダウンコンパクトジャケット
冬場の平日は12時間×5日間着用するくらい必須アイテム。
着ている感覚がないくらい軽く、ライトアウターの中にも着れる薄さなのに驚きの暖かさを誇ります。

02.ARC’TERYX – ソラノ フーディ(ブラック)
コンパクトに折りたためるアウターを探していたところ、こちらのアウターを見つけました。
フードの中に入れるだけなので、そこまでコンパクトにはなりませんが十分です。
普段使いから旅行~山登りまで幅広く活躍してくれそうです。
ゴアテックスを採用しており、中にインナーダウンを着れば真冬も温かく過ごせます。

03.RUDE GALLERY – Fender×RUDE GALLERY WASHED LEATHER RIDERS(2010)
一番好きな服でもある革ジャンはメインアウターとしてオンオフともに着こんでいます。
FENDERとのコラボ品でジップがギターのヘッドになっていたりというこだわり。
ミニマルな持ち物だからこそ、革製品のエイジングを早く楽しむことができます。
(過去10着ほど持っていたときは全くエイジングが見られませんでした。)

04.LITHIUM HOMME – RAFANELLI TWEED CHESTERFIELD COAT
フォーマルなシーンでも使えるチェスターコート。
やや動きづらくなりますが、真冬はライダースの上に羽織りたいと思っています。
インナーで寒さを調整できそうであれば、真冬のメインアウターになります。

ボトムス(2品)

細身のロング丈を好んで履きます。
インディゴのデニムなども持っていましたが、結局ブラックが使いやすすぎて履かなくなりました。

01.PUBLIC TOKYO – 椿 ストレッチイージースラックス
オンオフ問わず履ける、綺麗なデザインのスラックスです。
ストレッチがかなりきいていて動きやすいため、基本的にこればかり履いています。

02.JOHN LAWRENCE SULLIVAN – RIGID STRETCH DENIM SKINNY JEANS(BLK)
シルエットがとても好み。リジッドですが、ストレッチが効いていて動きやすい。
股下が長めなので、試着することをオススメします。
また、色落ちが結構激しいので気になる方はご注意を。

(※スーツやパジャマ、ジャージなどはここには含んでおりません。普段使いしているものとします。)

バッグ(4品)

シーンに合わせたバッグを用意していることで数がやや多い。
ウエストバッグが多いので、ある程度容量のある防水レザーのウエストバッグがあれば1つにまとまりそう。

01.MOTHERHOUSE – アンティーク スクエア バックパック
メインバッグ。
ガシガシ使ってもメンテナンスをしてもらえるので、天気を問わず使用します。

>> 紹介記事はこちら

02.mont-bell(モンベル) – ベルニナショルダーバッグ S
シンプルデザインで1泊2日の旅行なら問題のない容量があります。
休日用に使用を考えていましたが、現在は【旅行、山登り用】として使うことが多いです。
普段はここに非常用グッズをいれています。

>> 紹介動画はこちら

03.RUDE GALLERY – APRON BAG – WITH SHOULDER
冬場のアウターの上に斜め掛けに持っても、様になります。意外とないんですよね。
持ち物がコンパクトになったのでこちらの容量で休日は事足りるようになりました。

>> 紹介記事はこちら

04.MINIMALS – 手ぶらエコバック M BLACK
超コンパクトサイズで、寒暖の差が激しい海外旅行ではライトアウターを入れることもできます。
買い物でウエストバッグに入りきらない場合に使えるのも◎
ポケットに入れられる超コンパクトサイズはさすがミニマリストしぶさん監修の逸品です。

>> 紹介記事はこちら

シューズ(2品)

基本的に靴紐がある靴は苦手なので、ズボっと履ける靴が好きです。
ほぼ毎日スニーカーを履きながら、フォーマルなシーンでは革靴を履きます。

01.CHURCH’S(チャーチ) – DIPLOMAT-ディプロマット-
主にフォーマルなシーンで履きますが、普段でも問題なく履けるデザインなので少し気合を入れたい時に履くこともあります。

02.THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) – TRAVERSE LOW 3
前回履いていたスニーカーは底が白色だったのですが、汚れが目立ったためオールブラックのスニーカーにしました。
紐が嫌いなので、スリッポンタイプは必須です。

ファッション雑貨(6品)

過去に差し色としてカラーアイテムを多数持っていましたが、残ったアイテムは落ち着いたカラーのみになりました。

01.CA4LA – ハンチング帽(BLK)
日差しが強い時、近所に出かけるときに着用。ヘアセットをしなくて良いのはかなり楽です。

02.BAGGY PORT – ベルト(BLK)
ベルトはどこでも使えるブラックレザーにシルバーバックルのこの1本のみ。やや耐久性の高そうな少し厚みのあるものを選びました。

03.Xiaomi – Mi band 3
妻を起こさずに一人で起きるために、振動機能付きの時計を探していたところ見つけました。デザインもシンプルでどんな服装にも合います。

>> 紹介動画はこちら

04.Hamilton – SPIRIT OF LIBERTY
こちらは結婚時に妻の両親から頂いたもの。革ベルトは夏の悪臭問題もあり、汎用性の高いメタルバンドに変更しました。フォーマルなシーンでしか使用することはありません。

>> 紹介記事はこちら

05.Green label relaxing – カシミヤマフラー(NAV)
こちらは家族からのプレゼントで頂いたもの。カシミヤの暖かさに衝撃を受けたのがこの1本。真っ黒な服装が多いのでネイビーが落ち着いた色ながらも映えます。

06.UNIQLO – 手袋
手袋を無くして、急遽購入した記憶があります。「スマホを触れる+山登りに使える+シンプルなデザイン」この3つの要素を兼ねている手袋があれば切り替えます。

インナー(10品)

普段着はTシャツがメインになったのでトップスのインナーを着ることはなくなりました。
パンツと靴下はこの量が心地よさそうです。

ビジネス(11品)

月に1,2回の着用頻度ですが、冠婚葬祭にも対応できるのでブラックスーツとネクタイ3種類は最低限所有します。

01.JOHN LAWRENCE SULLIVAN – 2BUTTON JACKET

冠婚葬祭・ビジネスシーンにも使えるブラックスーツ。
こちらのブランドのテーラードジャケットは特に肩と腰のラインが美しくみえます。

02.JOHN LAWRENCE SULLIVAN – SKINNY TROUSERS (JLS-01-08)
上記ジャケットと合わせてセットアップで着ます。

03.UNIQLO – ファインクロススーパーノンアイロンスリムフィットシャツ(セミワイドカラー・長袖)(WHT)
平日にTシャツを着ることにしたため、ビジネスシャツは着用、洗濯のタイミングより2着がベストの数。
ノーアイロンシャツですが、シワになりやすいのでアイロンは必須です。価格・機能性ともに良いシャツが見つかれば切り替えます。
>> 紹介記事はこちら

04.UNIQLO – エアリズムVネックT(半袖/BEG) ×2
乾きやすく、薄いので着心地が良いです。
ベージュは白シャツの下に着ても透けないのが良いですね。

05.VENTURE’SHAVEN – 葬式用ネクタイ
葬式用のネクタイです。父親から貰ったものをずっと所有しています。

06.SUIT SELECT – 結婚式用ネクタイ
最近はカラーネクタイや蝶ネクタイなどをつけている参加者も多く見ますが、主流とされる「シルバー」のネクタイをつけます。
ネクタイの色を変えるのもメーカー都合なのかなとソースが気になるところです。

07.ZARA – ビジネスネクタイ
ネクタイの色で相手への印象が変わるので、複数色持つということには耳を塞ぎました。
爽やかな印象を与えるブルーを1本だけ所有しています。
むしろ1色の方が相手に覚えられる可能性が上がるのかななんて思ったりしてます。

08.ポケットチーフ
こちらも結婚式用のアイテム。
チーフを折るのが下手なので、差込タイプにしました。

09.SUIT SELECT – ネクタイピン
食事の時にネクタイがフラフラと動くのが気になって使っています。

10.SUIT SELECT – クラッチバッグ
結婚式のみしか使わないので、個人的には手ぶらでも良いかなと思いましたが、妻に客観的な意見を求めたところ必要という判断に至りました。
世間体という枠組みを無理に破る必要もないかなと思ったり、思わなかったり。

ルームウェア(10品)

夏場のパンツはアウトドアで使うものを履きます。

スポーツ/アウトドア(11品)

山登りのアイテムは右も左もわからない状態だったので、マキシムに持っています。
それほど山登りの頻度は高くないので、ルームウェアや軽い運動にも使えるアイテムとして考える方向です。

スポンサーリンク

家電・ガジェット(13品) 【更新途中】

Last update:2019/12/12

小物も含めて、普段使いするアイテムに求めるのはストレスを減らして、時間を増やしてくれるものです。
少しでも生活を豊かにしてくれるお気に入りをご紹介。

家電(1品)

ガジェット(12品)

日用品(14品) 【更新途中】

Last update:2019/12/12

あらためて日用品と向き合ってみると、こだわりがなく適当に買っているものが多いと気づきました。
日用品というだけあって、毎日使うものなので見直しを進めます。

文房具(2品)

生活雑貨(10品)

財布・ケース(2品)

医薬品・スキンケア(5品) 【更新途中】

肌が弱いほうなので、自分に合うものを模索中です。
常備するものも多いのでミニマルかつ効果的なものがベストです。
こちらには掲載しませんが、頭痛薬や胃薬は常備してます。

Last update:2019/09/14
スポンサーリンク
shinをフォローする
nani-jan.com | 「余白」のある「くらし」を考えるミニマリストブログ
タイトルとURLをコピーしました