10分で簡単靴磨き タッセルローファー(ドクターマーチン)編

ファッションのこと

こんにちは。かなり夏も近づいてきましたね。
衣替えも皆さん終わりましたか?
足元はブーツを片付けて、夏用の靴が活躍する季節ですね♪
そんな夏の靴におすすめのタッセルローファーを今回磨いていきたいと思います。

スポンサーリンク

今回の一足


Dr.Martens(ドクターマーチン)/タッセルローファー
夏場でも履きやすいローファータイプのシューズ。くるぶしソックスと合わせると見た目も涼し気です♪
休日も仕事でも履く機会が多いので、すぐに汚れてしまいます笑 さらに雨の日にも履いていたので水滴の跡がぽつぽつと・・・
さっそく磨いていきましょう!

スポンサーリンク

準備物

(左から)
・クロス(柔らかい布)
・馬毛ブラシ(ドクターマーチン)
・皮革用ローション(M.MOWBRAY モウブレィ)
・ツヤ出しデリケートクリーム(Brillo)

あくまで僕が使用したものなので、お好きなものをお使いください。

STEP1 ブラッシング


まずは全体を馬毛ブラシで隅々まで磨きます。結構靴の底と側面の間に埃がたまりやすいです。タッセルローファーの場合は、しっかりタッセルの内側も磨きましょう。

磨くとこんな感じです。埃は取れましたがまだまだ変わり映えしないですねー。

STEP2 汚れ落とし


続いて、皮革用ローションで汚れを落としていきます。前に磨いたときの古いポリッシュなども落とさなければなりません。またこれ1本でツヤも出るので、次の工程なしでこれだけでもいいくらいです笑
出しすぎに注意して少しづつクロスに出して磨きましょう。磨くときは強くこすりすぎないように!

STEP3 ツヤ出し


ここが一番好きな工程で靴磨き好きな人がこだわるポイントじゃないでしょうか。いかにピカピカに磨けるかの勝負どころですね!とはいっても私はそこまで物も腕もまだないので普通に磨きます!
このクリームは付属のクロスがあるので、こちらに少量とって磨いていきます!こちらもあまり塗りすぎないようにしてくださいね!
塗り終わったら最後にもう一度全体を馬毛ブラシで磨き、不要なワックスを取り除きます。

完成


こちらが磨く前。そして・・・

こちらが完成品です!上の写真と比べると少しピカピカになったのがわかるかと思います。言い訳じゃないですが、ローファーは磨いた感があまりでないのがたまに傷です。
こうすると結構磨いた感がわかるかと思います!

まとめ

いかがでしたか?なかなか靴を磨いた経験のない人も多いのではないでしょうか。
お洒落は足元といいますが、ほんとにくすんだ靴を履いている人は優れていてもカッコ悪いです。。
簡単にきれいになるのでお試しあれ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました